FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
立春
二十四節気のひとつ冬至から春分の中間点、昼と夜の長短を基準に季節を分けると、立春から立夏の前日までが「春」となり、立春以降に吹く南寄りの強い風を「春一番」と呼ぶそうです。

国では現在、来年度の一般会計予算審議が行われておりますが、国民にとって心地よい「景気風」が吹く様になってくれればよいのですが・・・

ファンがある 松下幸之助著「道をひらく」より

ファンというものはありがたい。野球でも相撲でも、それがひいきのチーム・力士であったら、「勝てば勝った」で無性に喜ぶし、「負ければ負けた」で同情する。欲も無し得も無し。相手のどこかに自分の好む良さを見つけて、その良さにただ懸命に応援するのである。

だから、スポーツ人でも芸能人でも自分のファンをとても大事にするし、そのファンの期待にこたえるべく、自分の良さをより一層伸ばすために日夜精進を重ねる。そこに向上の大きな励みがあるのだし、ひいてはスポーツ界や芸能界発展の一つの大きな要素がある。

考えてみれば、私たちにもファンがある。
個人にも・お店にも・会社にもそれぞれにそれぞれのファンというものがあるのである。そして陰に陽に力強い声援が送られているのである。

お互いにこの事実を改めて認識し直したい。そして、このありがたい自分のファンをもっと大事にし、その好まれている自分の良さを精一杯伸ばすように努めたい。

そこに個人の、お店の、会社の繁栄の鍵がある。
スポンサーサイト
[2010/02/04 14:00] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。